カラオケ喫茶 まいにち きゃんぷ
コーヒーとカラオケ歌い放題で千円!

営業時間: 正午~午後5時 (月曜定休)
鹿児島市中央町35-24 スプリングハイツ中州 1F

b0129120_22183596.jpg

カラオケ喫茶 まいにち きゃんぷ ママさん(内田伸子さん)
b0129120_22261662.jpg

b0129120_22234589.jpg

有題文と無題文
「は」は有題文を導き、「が」は無題文を導く

松野町夫 (翻訳家)

日本語の文は、「~は」または「~が」がリードする。「~は」は主題を示し、「~が」は主格を示す。主題を示す「は」のある文を有題文(または主題文)、「は」のない文を無題文という。無題文は一般に、主格を示す「が」はあるが、主題を示す「は」はない。

ただし、文脈や情況から主題が自明で、省略しても誤解が生じない場合、主題は省略できる。主題が省略された文を略題文という。略題文は形式的には無題文だが、実質的には有題文なので有題文として扱う。また、「は」と「が」が一つの文にでてくる「ハ・ガ文」は、有題文として扱う。

これは私の本です。彼は学生です。 → 有題文
雨が降っています。雪が降ってきた。風が止んだ。 → 無題文
(あなたは)ゆうべ、ぐっすり眠れましたか。 → 略題文(=有題文)
象は鼻が長い。私は体重が60キロです。 → ハ・ガ文(=有題文)

有題文は伝統的な文型で、文学や名言・ことわざなどにも愛用され、現代でも使用頻度が最も高い。

春はあけぼの。夏は夜。秋は夕暮れ。冬はつとめて(早朝)。(枕草子から)
人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵。(武田信玄の名言)
「善は急げ」。「時は金なり」。「短気は損気」。「旅は道連れ、世は情」。(ことわざ)
彼は学生です。彼女は美しい。このあたりは静かだ。朝食は食べました。

有題文は基本的に解説文(説明文)である。基本文型は主題+解説。たとえば、「彼は学生です」や「朝食は食べました」の場合、「彼は」「朝食は」が主題で、「学生です」「食べました」が解説となる。

有題文は述語の品詞をベースに、名詞文、形容詞文、動詞文の3種類に分類できる。形容動詞(静かだ)は、ナ形容詞として形容詞に分類する。

有題文の種類 (述語の品詞をベースに分類)

彼は学生です。 → 名詞文
人は城(だ)、人は石垣、人は堀。時は金なり。短気は損気。

彼女は美しい。 → 形容詞文
春はあけぼの(がいい)。夏は夜(がいい)。きょうは風が強い。このあたりは静かだ。

朝食はもう食べました。 → 動詞文
お勘定はもう済ませてあります。日曜日は昼まで寝ています。きょう(私は)学校に行きます。

無題文は、任意の語を「は」で主題にすることで、有題文に変換できる。たとえば、

きのう彼の個人情報がネットに出回った。 → 無題文

きのうは、彼の個人情報がネットに出回った。 → 有題文
ネットには、きのう彼の個人情報が出回った。 → 有題文
彼の個人情報は、きのうネットに出回った。 → 有題文

無題文(現象文)
無題文は一般に、主格を示す「が」はあるが、主題を示す「は」はない。無題文は現象(動き)を表すことが多いので現象文(または現象描写文)ともいう。

無題文の種類
無題文は、目の前の現象(動き)をそのまま述べるので、動詞文が圧倒的に多い。

隣りが火事だ! → 名詞文
あ、雨だ!見て、雪だよ。あ、停電だ!

空が青いですね。 → 形容詞文
(見て、)虹がきれい。空気がおいしいですね。うわー、水が冷たい!

雨が降っている。 → 動詞文
風が吹いていた。雨雲が広がってきた。雪が降ってきた。雪が積もった。

以下は、動詞文を主体別に配置したものである。

自然、無生物:
雨が降る。風が吹く。桜島が噴火した。噴煙が火口から3000メートルの高さまで上がった。
台風が西日本に上陸した。台風の影響で潮位が高まっている。岩肌が露出している。

動物、植物: 
犬が庭をかけまわっていた。猫が日なたで毛づくろいをしている。
梅のつぼみがほころび始めた。桜が咲いた。リンゴの花びらが風に散った。

人間、生活:
子供たちが遊んでいる。数人が堤防沿いをジョギングしていた。昨夜田中さんがうちに来た。
お祭りに大勢の人が参加した。近所にコンビニがオープンした。大雪で交通が停滞していた。

政治、経済、外交:
新内閣が発足した。株安への懸念が高まっている。予算が初めて100兆円の大台を突破した。
徴用工問題や慰安婦財団の解散などを巡って日韓関係が冷え込んでいる。

存在:
公園に子供たちがいる。机の上に本がある。明日会議があります。来週試験がある。
高速道路で事故があった。きのう熊本県で震度 6 弱の地震がありました。

ハ・ガ文

「は」と「が」が一つの文にでてくる「ハ・ガ文」は、有題文なので基本的に解説文であるが、無題文(現象文)に近いものもある。

主体: きょうは雨が降った。今週は桜がきれいだ。24日の欧米市場では株安が加速した。
対象: 今は水が飲みたい。私は寿司が好きだ。兄は漢文が読める。
存在: 私には良い考えがある。机の上には本がある。その日は事故がなかった。
部分: 象は鼻が長い。太郎は色が黒い。京都は秋がいい。
関係: 山田さんは、奥さんが入院中です。「対応策」は外国人の生活支援策が柱になる。
「は」と「が」
「は」は 対比、限度、留保付き肯定、部分否定を示し、「が」は 排他を示す

松野町夫 (翻訳家)

英語は主語で始まるが、日本語は「~は」や「~が」で始まる場合が多い。「~は」は主題を示し、「~が」は主格を示す。たとえば、日本昔話『桃太郎』は次のように始まる。

むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさん住んでいました。
おじいさん山へ芝かりに、おばあさん川へ洗濯に行きました。
おばあさん川で洗濯をしていると、ドンブラコ、ドンブラコと、大きな桃流れてきました。
おばあさん大きな桃をひろいあげて、家に持ち帰りました。

こうした「が」や「は」を主語とする見方もあるが、この小論は、日本語に主語はなく、代わりに、主題と主格があるという立場で書いたもの。たとえば、「あのスーパーは水曜日が休みです」の場合、主語がふたつあるのではなく、「あのスーパーは」を主題、「水曜日が」を主格とする見方である。

■主題を示す「は」:

「~は」は「ワ」 [wa] と発音するが、「は」と書くのがルール。1946年の内閣訓令で、(2) 助詞〈は〉は、ワと発音するが〈は〉と書くことを本則とする、と決められた。

日本語文法では、「は」を係助詞(または副助詞)に分類する。係助詞「は」は種々の語に付き、その語が主題(題目)であることを示す。

「は」の働き
1. 格助詞を代行して主題を示す。
2. 対比、限度、留保付き肯定、部分否定、否定の焦点を示す。

「~は」は 主題を示す
「は」は、格助詞「が・の・を・に …」を代行または付随して、その直前の語を主題として提示する。

地球が丸い。 → 「が」を代行 → 地球は丸い。
象の鼻が長い。 → 「の」を代行 → 象は鼻が長い。
大阪に明日行きます。 → 「に」を代行 → 大阪は明日行きます。
その映画をもう見ました。 → 「を」を代行 → その映画はもう見ました。
(以下同様)

主題の種類: 「は」が代行する格助詞の型をベースに分類した。

主格「が」型: 地球は丸い。彼は学生です。花は美しい。 → 「主格型」=主語
属格「の」型: 象は鼻が長い。山田さんは、奥さんが入院中です。
対格「を」型: その映画はもう見ました。朝食はもう食べました。 → 「対格型」=目的語
位格「に」型: 大阪は明日行きます。富士山(に)は登らなかった。
与格「へ」型: 母へは手紙を書くつもりです。高台へはロープウエーを利用します。
奪格「から」型: ここからは富士山がよく見えます。四時からはあいています。
具格「で」型: あなたの時計ではいま何時ですか。顕微鏡なしでは観察できません。
共格「と」型: 母とはよく買物に行きます。父とは外出したことがあまりありません。
時の格型: 日曜日は昼まで寝ています。きょうは会社に行きます。

このように「は」は、格助詞「が、の、に、を …」を代行しながら、主題を示すことができる。「は」は、一人二役どころか、一人十役ほどの働きぶりである。これが「は」の長所であり、同時に、短所でもある。たとえば、ほんの一例ではあるが、「彼は知っています」という表現は、「(それについては)彼が知っています」と、「(私は)彼を知っています」という二つの解釈が可能となり、混乱が生ずる場合がある。

「は」は 対比、限度、留保付き肯定、部分否定、否定の焦点を示す
母とはよく買物に行きますが、父とは外出したことがありません。 → 対比
イベントは午後3時には開始する予定です。 「午後3時には」 → 限度
買ってはみた。(が、ほとんど使い物にならなかった)。「買っては」 → 留保付き肯定
仕事はやりがいはある。(が、残業が多すぎる) 「やりがいは」 → 留保付き肯定
両方はいらない。(片方だけほしい) → 部分否定
全員は来なかった。(一部の人が来なかった) → 部分否定
全員が来なかった。(誰も来なかった) → 全体否定
車は急には止まれない。(止まるが、時間がかかる) 「急には」 → 否定の焦点

■主格を示す「が」:

「~が」は、鼻濁音なので「ンガ」 [ŋ] と発音するが「が」と書く。ただし西日本では、鼻濁音を使用する習慣がなく、「が」 [ga] と濁音で発音する人が多い。

日本語文法では、「が」を格助詞に分類する。格助詞には「が、の、に、を …」などがある。格助詞「が」は主として名詞に付き、その名詞が主格(≒主語)であることを示す。「が」は述語に係る場合と、名詞に係る(名詞と名詞をつなぐ)場合がある。

「が」の働き

1. 「が」は主格を示し、述語に係り、そのまま文を終結させる(現象文)。
 鳥が空を飛ぶ。雪が降り始めた。風が吹く。水が冷たい。 → 述語に係る

 
2. 「が」は 名詞と名詞をつなぐ。つないだ時点で役目を終える。
 天気がいい日には散歩する。 「が」は「天気」と「日」までをつなぐ → 名詞に係る
 娘が作ってくれた弁当を食べた。 「娘」と「弁当」までをつなぐ → 名詞に係る

3. 「が」は 排他を示す
 田中さんが学生です。(他の人は学生ではありません。) → 排他的

「~が」は主格を示す。主格は英語の主語に相当する。しかし相当はするが、完全に同一ではない。主格「が」には、少なくとも 4 種類の用法があり、このうち能動主格は英語の主語に相当するが、残りの主格は主語に相当しないか、または相当しない場合もありうる。

主格の種類
能動主格: 彼がペンをくれた。雨が降る。人が通る。空が青い。桜が満開だ。
対象主格: 水が飲みたい。寿司が好きだ。彼女は数学ができる。漢文が読める。
所動主格: 私に良い考えがある。机の上に本がある。音楽がわかる。姿が消えた。
部分主格: 象は鼻が長い。太郎は色が黒い。京都は秋がいい。兄は背が高い。
主語と主題
主題は、主語よりはるかに意味が広い

松野町夫 (翻訳家)

主語とは何か。主語は元来、英語など印欧語の文法用語である。主語は基本的に名詞で、述語動詞の示す動作や状態の主体を表す。動作主。作用主。たとえば、” She’s nice. I like her.” における ”She” や “I” が主語となる。

英文は主語と述語からなる。主語を決めないかぎり英文は書けない。基本 8 文型でも主語は常に文頭に登場する。以下の文型では、主語(S)、述語動詞(V)、補語(C)、目的語(O)、副詞相当語句(A)とする。ちなみに日本では、従来、基本 5 文型が主流であったが、現在は基本 8 文型が世界標準。英文の下線部は主語を表す。

第1文型 SV (Flowers bloom.) 花が咲く。
第2文型 SVC (Kate is nice.)  ケイトはすてきだ。
第3文型 SVO (I like her.) 僕は彼女が好きだ。
第4文型 SVOO (John gave me a pen.) ジョンが僕にペンをくれた。
第5文型 SVOC (We call him Johnny.) 私たちは彼をジョニーと呼ぶ。
第6文型 SVA (Mary is in the kitchen.) メアリーが台所にいる。
第7文型 SVCA (She is afraid of cockroaches.) 彼女はゴキブリが怖い。
第8文型 SVOA (He put a book on the shelf.) 彼は本を棚に置いた。

英語には主語が絶対に必要だ。では、日本語に「主語」はあるのだろうか。

結論から言うと、この問題には統一した見解がない。学校では、今でも「が」や「は」などの助詞を伴った文節を主語と教える。この学校文法の定義に従えば、上述の基本文型の訳文の「花が」「ケイトは」「僕は」「ジョンが」「私たちは」…は、いずれも主語となる。

しかし、名著『象は鼻が長い』で有名な言語学者、三上章(1903-1971)は、日本語には「主語」はなく、主題があると考え、主語廃止論を一貫して唱えた。

日本語の主語については、辞書や事典でも見解が異なる。たとえば、日本語大辞典は肯定的な立場であるが、ブリタニカ国際大百科事典は否定的である。

主語 → 日本語大辞典
文の成分の一種。「風が吹く」「色が白い」「ぼくが山田です」などの「風が」「色が」「ぼくが」のように、「何が」「だれが」に当たる文節。「何も」「何は」などとなることもある。また、日本語には主語が省略された、述語だけの文もある。subject <対義>述語。

主語 → ブリタニカ国際大百科事典 小項目版 2011
日本語では「~が」の形が主語とされるが,完全な文を形成するために必ずしも必要ではない点,文法的規定に欠ける点などで,インド=ヨーロッパ語族などにおける主語とは性格を異にするので,「~を」「~に」などと対等の連用修飾語であるとする説さえある。

日本語の主語について、統一した見解がないということは、日本語文法は未完成ということを意味する。そこでここでは、国文法に深入りするのをできるだけ避け、問題を主題と主格に限定し、これを英語の基本文型、とくに主語(S)と比較することで、それぞれの違いを明確にしたいと思う。

主題と主格:
日本語は「~は」や「~が」で始まる文が多い。
例: 春はあけぼの。|桜が咲いた。この場合、「春は」は主題を表し、「桜が」は主格を表す。
「象は鼻が長い」の場合、「象は」は主題を表し、「鼻が」は主格を表す。

主題を示す「~は」のある文を有題文、ないのを無題文という。有題文は、昔から存在する伝統的な文型で、文学や名言・ことわざなどにも愛用され、現代でも使用頻度が最も高い。

主格を示す「~が」のある文は、「桜が咲いた」とか、「雪が降ってきた」とかいうように、現象を写生することが多いので現象文という。現象文は江戸時代以後に登場した比較的新しい文型だという。

主題、主格、主語:
英語は主語で始まるが、日本語は主題/主格で始まる。主題「~は」や、主格「~が」、主語(S)は、主語を表せるという点は共通だが、意味の広さ(適用範囲)からいうと、主題>主格>主語となる。

主題「~は」= 主語や目的語、副詞相当語句を表す。 → 「は」は種々の語に付く。
主格「~が」= 主語や目的語を表す。 → 「が」は体言に付く。
主語(S) = 主語のみを表す。

主題は英語でトピック(topic)という。主題(T)。主題は主語よりはるかに意味が広い。主題を示す「~は」は、「~について言えば」という意味。助詞「は」は、英語の群前置詞 “as for” に相当する。つまり日本語の主題は、英語の基本文型でいうと、主語(S)ではなく、副詞相当語句(A)に相当する。

有題文を英訳すると、英文では主題「~は」が主語(S)になる場合が一番多いが、目的語(O)や副詞相当語句(A)になることもある。たとえば、

春はあけぼの。 = Spring is best at dawn. → 主題=主語

ただし、「春はあけぼの」は、「春は、あけぼのがいい」の意。これを英語に直訳すると、
春はあけぼのがいい。 = As for spring, dawn is nice. → 主題=副詞相当語句(A)

その映画はもう見ました。= I already saw the movie. → 主題=目的語(O)
= As for the movie, I already saw it. → 主題=副詞相当語句(A)

詳細は、後で決めよう。 = Let’s decide about details later. → 主題=目的語(O)
= For details, let's decide about them later. → 主題=副詞相当語句(A)

主格と主語:
「~が」は主格を示す。主格は英語の主語(S)に相当する。しかし相当はするが、完全に同一ではない。主格「が」には、少なくとも四通り(能動、対象、所動、部分)の用法があり、こうした和文を英訳すると、能動主格は英語の主語に等しいが、残りの主格は主語に相当しないこともある。とくに対象主格は目的語に相当する場合が多い。つまり、日本語の主格は、英語の主語より意味が広いということ。

1. 能動主格(=動作主、作用主) → 主格=主語
 彼が私にペンをくれた。 = He gave me a pen. 主格は「彼が」、主語は “He”

2. 対象主格(対象を示す「が」) → 主格≠主語
 水が飲みたい。 = I want to drink water. 主格は「水が」、主語は “I”

3. 所動主格(受身にできない動詞にかかる主格) → 主格≠主語
 私に良い考えがある。 = I have a good idea. 主格は「考えが」、主語は “I”

4. 部分主格(主題の一部を表す主格)→ 主格≠主語
 象は鼻が長い。 = Elephants have a long nose. 主格は「鼻が」、主語は “Elephants”
 *この英文は、配分単数(主語が複数で、目的語が単数)である。
文否定と語否定
文否定を発話レベルで語否定に変更するには?

松野町夫 (翻訳家)

否定文は日本語にしろ英語にしろ、どの部分が否定されているかにより、いろいろな解釈が可能となる。英語の否定は、文否定と語否定に大別できる。文中の述語動詞を否定すると文否定となる。述語動詞以外の、特定の語を否定すると語否定(=構成素否定)となる。

文否定(Sentence-negation):

述語動詞(文の述語となる動詞)を not で否定したり、あるいは主語や目的語を no で否定すると文否定となる。文否定は、文全体が否定の作用域に入る。以下の例文はいずれも文否定である。

"not" を用いた文否定
I'm not hungry. 私は空腹ではない。
He will not come. 彼は来ないだろう。
I didn't drink any coffee. 私はコーヒーを飲まなかった。
I don't want to argue with you. 君と議論したくない。
He didn't come home until eleven o'clock.
彼は 11 時になるまで家に帰ってこなかった。(彼は 11時になってやっと帰宅した)

"no" を用いた文否定
Nobody came. 誰も来なかった。
He has no brothers. 彼には兄弟がいない。
Nothing happened. 何も起こらなかった。
► “no” を用いた否定は形式的には語否定だが、実質的には文否定である。

語否定 (Word-negation):

述語動詞以外の、特定の語句を not で否定すると語否定(=構成素否定)となる。語否定は、not の直後にくる語・句・節が否定の焦点(=否定の対象)となる。
以下の例文はいずれも語否定で、下線は否定の焦点を示す。

Not long ago it was raining. ついさっきは雨が降っていた。
He's my nephew, not my son. 彼は私の甥(おい)で、息子ではない。
I came here on business, not for sightseeing. こちらに来たのは仕事で、観光ではない。
I told her not to go. 私は彼女に行かないようにと言った。
He tried not to look at her. 彼は彼女を見まいと努めた。
She pretended not to be listening. 彼女は聞いていないふりをした。
Visitors are requested not to touch the exhibits.
見学者は展示物に手を触れないでください(博物館などの掲示の文句)。
Ten were saved, not counting the dog. 犬は数えないで、10人が救助された。
Not having received a reply, he wrote again.
返事を受け取っていなかったので、彼は再び手紙を書いた。
I like him not because he is rich but because he is kind.
私は彼が好き、金持ちだからではなく親切だからです。

上記の文否定と語否定の区別は、あくまでも構文上(文字レベル)の分類である。発話レベルとなると少し事情が異なる。私たちが日常話している言葉は、文字や音声で表現・伝達される。音声には、伝えたい意味内容(言語情報)の他に、音調(強弱や抑揚)が付随する。

英語の否定文は、文末の語に少し強勢が置かれ下降調で終わるのが普通。たとえば、I didn't drink coffee. のような否定文は、述語動詞を否定しているので文字レベルでは文否定であり、原則に従って通常の音調で発話されるかぎり、発話レベルでも文否定のままである。

I didn't drink coffee. 私はコーヒーを飲まなかった。(文否定)
= It wasn't a fact that I drunk coffee. 「私がコーヒーを飲んだ」という事実はない。

しかし、たとえ述語動詞を否定した文否定であったとしても、文中の特定の語を強く発音しそれにふさわしい抑揚を付けることで、発話レベルで実質的に文否定を語否定に変更することができる。この場合、強く発音された語が否定の焦点となり、それ以外の語は否定されず肯定的意味の前提となる。たとえば、

発話レベルで文否定を語否定に変更:

文字レベル: I didn't drink coffee. 私はコーヒーを飲まなかった。(文否定)

発話レベル: I (↓) didn't drink coffee. 私は、コーヒーを飲まなかった。(語否定)
► ただし太字は強勢を、下矢印 (↓) は下降調(a falling intonation) を示す。
主語の “I” が強く発音されたので、“I” が否定の焦点となり、それ以外の語(drink, coffee)は否定されず肯定的意味の前提となる。
前提: Somebody drunk coffee, but not me. 誰かがコーヒーを飲んだ、私ではない。
強調構文: It wasn't I who drunk coffee. コーヒーを飲んだのは私ではない。

発話レベル: I didn't drink coffee. (↓) 私はコーヒーは飲まなかった。(語否定)
目的語の Coffee が強く発音されたので、Coffee が否定の焦点となり、それ以外の語(I, drink)は否定されず肯定的意味の前提となる。
前提: I drunk something, but not coffee. 私は何かを飲んだ、コーヒーではない。
強調構文: It wasn't coffee that I drunk. 私が飲んだのはコーヒーではない。

発話レベル: I didn't drink (↓) coffee. 私はコーヒーを飲みはしなかった。(語否定)
動詞の Drink が強く発音されたので、Drink が否定の焦点となり、それ以外の語(I, coffee)は否定されず肯定的意味の前提となる。
前提: I did something about coffee, but didn’t drink. 私はコーヒーに何かした、飲んではいない。
強調構文: 利用できない。
強調構文は名詞や副詞には適用できるが、動詞には使えない。そこで、前置きを付け加える:
(I spilled coffee but) I didn’t drink it. (コーヒーをこぼしはしたが)飲んではいない。

否定の焦点:
否定の焦点は、日本語では助詞の「は」を用いて、文字レベルでも発話レベルでも簡単に表現できる。「コーヒーは」、「飲みは」という具合に、否定したい単語に「は」を付けるだけでよく、「コーヒー」や「飲み」を強く発音する必要はさらさらない。ただし文頭の「私は」は、主題を示すのか、それとも焦点を示すのか、あいまいなので、「私は」と強く発音するか、または「ほかの人はともかく」と前置きを入れると、焦点を示していることが明白になる。しかし、英語には「は」のような便利な言葉がないので、発話レベルでは否定したい単語を強く発音して否定の焦点を示す必要がある。もっとも強調構文を使えば、文字レベルでも否定の焦点を明示できなくはない。
# by LanguageSquare | 2018-12-05 11:03 | 否定 | Comments(0)
否定繰り上げ(negative-raising)
否定繰り上げは、否定語(not)を従属節から主節に繰り上げること

松野町夫 (翻訳家)

英語にはネガティブ・レイジング(negative-raising)という言語現象がある。これは生成文法の用語で、think などの動詞がとる従属節の中の否定語(not)を主節に移して表現することをいう。たとえば、「彼は来ないと思う」を、I think he will not come. と言うよりも、I don't think he will come. と表現するときなどがそうである。この場合、主節は I think; 従属節は he will not come.

彼は来ないと思う。
I think he won't come. ← 従属節を否定
↓ (not を従属節から主節に移す)
I don't think he'll come.  ← 主節を否定

このように negative-raising (neg-raising) は、従属節ではなく主節を否定する、つまり否定語not を従属節から主節に繰り上げる規則を意味する。ネガティブ・レイジングには、「not の転移」、「not の繰り上げ」、「否定繰り上げ」、「否定辞繰り上げ」、「否定辞上昇」など様々な呼び方がある。ここではとりあえず、negative-raising = 「否定繰り上げ」という訳語を採用する。

nègative-ráising
n. [変形文法] 否定繰上げ
リーダーズ英和辞典

négative-ráising
■n. [文法] (変形文法で)
否定辞繰り上げ: think などの動詞がとる補文の中の否定辞を主文に移す規則.
ランダムハウス英語辞典

negative-raising【名】〔言語〕否定辞上昇変形, 否定繰り上げ
《生成文法で, not を埋め込み文から主文へ繰り上げる移動操作.
例: He doesn't think that he'll finish.》.
ジーニアス英和大辞典

否定繰り上げは、推測を表す動詞に適用できる。たとえば、think, believe, imagine, suppose, seem, look など。こうした動詞は、主節を否定しても従属節を否定しても、意味はあまり変わらない。

I don’t think it is expensive. それは高くないと思う。
= I think it isn’t expensive.
I don’t believe he is innocent. 彼が無実だとは思わない。
= I believe he isn’t innocent.
I don’t imagine it will snow today. 今日、雪は降らないと思う。
= I imagine it won’t snow today.
I don't suppose you’re right. 君は正しくないと思う。
= I suppose you’re not right. 

Tom didn't seem to know her name. トムは彼女の名前を知らないようだった。
= Tom seemed not to know her name.
It doesn’t look like it’s going to rain. 雨が降りそうには見えない。
= It looks like it isn’t going to rain.

しかし否定繰り上げは、know, say, hope など、その他の動詞には適用できない。こうした動詞は、主節の否定と従属節の否定とでは意味が異なるから。

She doesn't know that he is a liar. 彼がうそつきであることを彼女は知らない。
≠ She knows that he isn't a liar. 彼がうそつきでないことを彼女は知っている。

Mary didn’t say that it would snow. メアリーは、雪が降るとは言わなかった。
≠ Mary said that it wouldn’t snow. メアリーは、雪は降らないと言った。

I hope it will not rain tonight. 今夜は雨が降らないでほしい。
► * I don't hope it will rain tonight. とは言わない。
hope は望ましいことに用いる。望ましくないことについては I am afraid, I fear を使う。
I am afraid it will rain tonight. (残念ながら)今夜は雨だと思う。

否定繰り上げは、生成意味論派は認めているが、解釈意味論派は おおむね認めていないという(安藤貞雄著『現代英文法講義』の Page 662 参照)。

たしかに日本語の場合を検討しても、たとえば、「彼は来ないと思う」と「彼が来るとは思わない」は厳密には同義ではなく、したがって、どちらかに統一できるものでもないし、その必要もない。実際、日本語では両者ともに、状況や文脈に応じて普通に使われている。しかし英語では内容が否定であることを早く相手に伝える習慣があり、否定繰り上げが普通なので、英語を話したり書いたりするときは否定繰り上げをお忘れなく。
# by LanguageSquare | 2018-11-09 14:23 | 否定 | Comments(0)
否定を表す慣用句
否定語を用いる場合、用いない場合

松野町夫 (翻訳家)

英語で否定を表す慣用句には、否定語を用いる場合と用いない場合がある。たとえば、

その部屋には家具類がなかった。
= There was no furniture in the room. → 否定語(no)を用いて否定を表す。
= The room was empty of furniture. → 否定語を用いないで否定を表す。

否定語を用いて否定を表す慣用句

no longer = not ... any longer 「もう~ない」
I’m no longer an official. 私はもう役員ではない。
I no longer trust him. 彼をもう信用していない。
= I don't trust him any longer.

no more 「もう~しない」 「もう存在しない」
She was smiling no more. 彼女はもう笑っていなかった。
He is no more in the show business world. 彼は芸能界にもういない。

no more than ... 「わずか~しかない」
He has no more than 500 dollars. 彼は500ドルしかない。

no less than ... 「~ほどもたくさんある」
He has no less than 500 dollars. 彼は500ドルも持っている。

never so much as ... 「~さえしない」
She never so much as smiled. 彼女はにこりともしなかった。
= She did not smile even once.
He's never so much as made me a cup of coffee in ten years of marriage.
結婚生活10年間、彼は私に一杯のコーヒーすら、ただの一度も作ってくれなかった。

nothing more than ... 「…にすぎない」
He is nothing more than a dreamer. 彼は夢想家にすぎない。
He wanted nothing more than to take a rest. 彼はただただ休憩したかった。

not to mention 「~は言うまでもなく」 「さらにまた」
She can speak German and French, not to mention English.
彼女はドイツ語とフランス語を話せます、英語は言うまでもありません。
He has two big houses in this country, not to mention his villa in France.
彼はこの国に大邸宅を二軒持っています。さらにまた、フランスに彼の別荘があります。

have nothing /little to do with ... 「~と関係がない」
I have nothing to do with the affair. その件は私とは無関係だ。
He has nothing to do with the firm. 彼はその会社と全然関係がない。
This kind of specialized knowledge has very little to do with daily life.
この種の専門知識は日常生活とはほとんど関係がない。

否定語を用いないで否定を表す慣用句

too much (for somebody) 「手に負えない」
She is too much for me. 彼女にはとてもかなわない。
The book is too much (for him). その本は(彼には)手に負えない。

too形容詞 + to do ... 「~すぎるので~することができない」
He is too young to do the task. 彼は若すぎるのでその仕事は無理だ。
= He is so young that he cannot do the task.
The offer sounds too good to be true. その話はうますぎて信じられない。
This problem is too difficult for me to solve. この問題は難しすぎて私には解けない。

beyond something 「~できない」
The car is beyond repair. その車は修理できない。
= The car is too badly damaged to repair.
He is quite beyond recovery. 彼はまったく回復の見込みがない。
The situation is beyond our control. この状況はコントロールできない。
The scenery is beautiful beyond description. その風景は描写できないほど美しい。

far from ... 「少しも~でない」 「~どころか」
He is far from friendly. 彼は少しも友好的でない。
= He was not at all friendly.
“Was the movie disappointing?” 「その映画は期待はずれだった?」
“Far from it! We had a great time!” 「とんでもない、楽しかったよ」
Far from reading the letter, he didn't even open it.
彼はその手紙を読むどころか封も切らなかった。
The new law, far from being an aid to small businesses, will actually hurt them.
その新法は、小企業にとって助けになるどころか、実際は損害を与えることになる。

free from / of ... 「~のない」
The newspapers are free from government control.
新聞各社は政府の規制を受けていない。
We want to give all children a world free from violence.
すべての子供たちに暴力のない世界をあげたい。
The product is guaranteed to be free of major defects.
その製品は大きな欠陥はないと保証されている。
The filtration system provides the crew with clean air free from fumes.
このろ過装置は有害ガスのない新鮮な空気を乗組員に提供します。

without doing ... 「~することなく」
He left without (even) saying goodbye. 彼は挨拶もしないで立ち去った。
= When he left, he did not even say goodbye.
You can’t make an omelet without breaking eggs.
卵を割らないでオムレツを作ることはできない。
Even without studying, she answered all of the questions correctly.
勉強もしていないのに、彼女はすべての質問に正しく解答した。
# by LanguageSquare | 2018-10-15 11:07 | 否定 | Comments(0)
部分否定
部分否定は、全体や頻度を否定することで生成される

松野町夫 (翻訳家)

「すべてが~ではない」とか「常に~とはかぎらない」のように、文全体ではなく一部を否定することを部分否定(partial negation)という。これに対して、全体を否定することを全体否定(total negation)、または全部否定、全否定という。部分否定や全体否定は、おそらく世界どの言語にもあると思う。

日本語の場合、部分否定には助詞「は」が欠かせない。「は」は一般に、その直前の語を他と区別して確定したものとして問題化するという機能がある。具体的には、「は」は主題、対比、限度、焦点を示す。この四大機能のうち、焦点(focus)は、「は」が文のどの部分(語句)に焦点を当てるのかを示す。部分否定では、この焦点機能が否定の焦点を示し重要な役割を演ずる。

部分否定は一般に、以下のような語を否定することで生ずる場合が多い:

全体を意味する語: すべて、全部、全体、全員、完全、両方
頻度を意味する語: たまに、ときどき、頻繁に、いつも、常に、毎日
必然を意味する語: 必ず(必ずしも~ない)、かぎる(~とはかぎらない)

全員が行かない。 → 全体否定 (誰も行かない)
全員行かない。 → 部分否定 (多くは行くが、一部は行かない)

両方ともいらない。 → 全体否定 (ふたつとも不要だ)
両方いらない。 → 部分否定 (片方だけほしい)

太郎は、毎日休まなかった。 → 全体否定 (全然、休まなかった)
太郎は、毎日休まなかった。 → 部分否定 (休みが多かったが、たまには行った)

金持が幸せとかぎらない。→ 部分否定
優秀な選手が必ずしも名コーチになるとかぎらない。 → 部分否定
事態は必ずしも楽観できない。 → 部分否定 (見通しは明るいが、油断は禁物)

英語の場合も同様に、部分否定は以下のような語を否定することで生ずる場合が多い:
all (すべての), every (すべての), everybody (みんな), everything (すべてのもの), always (いつも), necessarily (必ず), both (両方) などの類。

以下の英文およびその訳文は、いずれも部分否定である(ただし会話体の疑問文は除く)。

Not all men are wise. すべての人が賢いとはかぎらない。
Not all children like apples. すべての子供がリンゴが好きだとはかぎらない。
Not all policemen are brave. 警察官だからといってみな勇敢だとはかぎらない。
Not all people are as kind as you are. 誰もがあなたのように親切なわけではない。

Not every man can be a hero. 誰もがみな英雄になれるわけではない。
Not every teenager likes pop music. ティーンエイジャーがみなポップスを好きとはかぎらない。
Not every rare book is a valuable book. すべての希少本が価値があるというわけではない。
A: Do you buy lottery tickets every week?  宝くじ券は毎週買うの?
B: Not every week. 毎週ではないよ。

Not everybody can do it. 誰にでもできるわけではない。
Not everybody can be a hero. 誰もが英雄になれるわけではない。
Not everybody can act so bravely. 誰もがそんなに勇敢に行動できるわけではない。
But everybody can’t go to Harvard. でも、誰もがハーバードへ行けるわけではない。

Money isn’t everything. 金がすべてではない。
Beauty is not everything. 美がすべてではない。
You cannot have everything. 何でもみな手に入るわけではない。

You're not always right. 君がいつも正しいとはかぎらない。
We’re not always this busy! いつもこんなに忙しいわけではない。
The rich are not always happy. 金持が常に幸福とはかぎらない。
I'm not always free on Sundays. 日曜日がいつも暇であるとはかぎらない。
Things won't always go as planned. 物事がいつも計画通りに行くとはかぎらない。

That is not necessarily true. それが必ずしも真実とはかぎらない。
Bigger is not necessarily better. 大きければいいというものではない。
You don't necessarily have to attend. 君は必ずしも出席しなくともよい。
The rich are not necessarily happy. 金持が必ずしも幸福とはかぎらない。
That conclusion doesn't necessarily follow. その結論は必ずしも出てこない。

Biggest doesn’t necessarily mean best. 最大が必ずしも最善とはかぎらない。
Seats in the front row are not necessarily the best. 前列の座席がベストとはかぎらない。
The more expensive items are not necessarily better. 高ければ高いほど良品とはかぎらない。
A: Is it always so difficult? いつもこんなに難しいの?
B: Not necessarily. そうとはかぎらない。

I don't know both. 両方は知らない(片方だけ知っている)。
I don't want both books. 2冊両方はいらない。(1冊でいい)

► both の否定は部分否定を表わし、全体否定を表すことは滅多にない。
全体否定には、both の代わりに、either や neither を使うのが普通。たとえば、

2冊両方ともいらない。 → 全体否定
I don't want either book. → 全体否定
= I want neither book. → 全体否定
# by LanguageSquare | 2018-09-21 11:19 | 否定 | Comments(0)
二重否定(標準語体)
英語の二重否定には俗語体と標準語体がある

松野町夫 (翻訳家)

英語の二重否定には俗語体と標準語体がある。俗語体の二重否定は否定を表し、標準語体の二重否定は肯定を表す。ここでは、俗語体の二重否定を double negative(ダブル・ネガティブ)、標準語体の二重否定を double negation(ダブル・ニゲーション) と区別して呼ぶことにする。

二重否定
俗語体 【否定を表す】: I don't know nothing. → double negative
標準語体 【肯定を表す】: It is not uncommon. → double negation

研究社の英和中辞典やリーダーズ英和辞典では double negative を広義に解釈して、俗語体も標準語体も double negative に含めて定義している。しかし各種の英英辞典(メリアム・ウェブスター英英辞典、OALD7、LAAD2、MED2)や国内最大の英和辞典・ランダムハウス英語辞典では、double negative を狭義に解釈して、俗語体の二重否定だけを double negative と定義している。

ここでは、俗語体の二重否定を double negative、標準語体の二重否定を double negation と区別して呼ぶことにする。このような使い分けは、後述するケンブリッジ英文法にもある。
前回は俗語体の二重否定について述べた。今回は標準語体の二重否定について検討する。

標準語体の二重否定とは、否定したものをもう一度否定して肯定を表すこと。たとえば、「好きでないわけではない」は「(いくらか)好きである」という婉曲な肯定を表す。これは日本人にはおなじみの表現である。こうした二重否定は日本語でも英語でも標準的な表現となる。

その仕事が好きでないわけではない。 → 日本語の二重否定(標準的な表現)
=その仕事が嫌いなわけではない。
It's not that I don't like the work. → 英語の二重否定(標準的な表現)
= It's not that I dislike the work.

食べるものがないという人はいなかった。→ 日本語の二重否定(標準的な表現)
=誰もが食べるものを持っていた。
Nobody had nothing to eat. → 英語の二重否定(標準的な表現)
= Everyone had something to eat.

標準語体の二重否定(double negation)
標準語体の二重否定は、否定語 not と否定接辞の付いた語から構成される場合が多い。標準語体の二重否定は肯定を表すが、もとの肯定とまったく同じではなく、ややためらう気持ちが入っている。

It's not uncommon to see snakes here.
この地でヘビを見るのは珍しいことではない(普通でないことはない)。

It's not unusual for him to get home late.
彼が遅く帰宅するのは珍しいことではない(普通でないことはない)。

The universe is constantly expanding, it's not limitless.
宇宙は絶えず膨張しており、果てがないわけではない

最後に、標準語体の二重否定について、ケンブリッジ英文法 CGE (Cambridge Grammar of English) の解説と四つの例文に筆者の訳を添えて、以下に引用する。

Double negation involving not plus a negative-affixed word commonly occurs in more formal styles of English such as academic writing. It enables speakers and writers to express ideas cautiously:
標準語体の二重否定は、否定語 not と否定接辞の付いた語から構成され、学術文書のような堅い英語の文体によく見られる。二重否定を用いることで、話し手や書き手は慎重な表現が可能となる。

The government is not blameless as regards the recent rise in unemployment.
最近の失業率の上昇について、政府に責任がないとはいえない

This is a not uninteresting essay.
これはおもしろくないエッセーではない

Unfortunately, it is not impossible that at least one third of Shakespeare’s sonnets were written by Sidney.
残念なことに、シェークスピアのソネット(14行詩)の少なくとも三分の一は英国の宮廷詩人シドニーが書いたというのはありえないことではない

It is not unusual for people to see the film three or four times.
人が同じ映画を三回または四回見ることは珍しいことではない(普通でないことはない)。
# by LanguageSquare | 2018-09-04 11:00 | 否定 | Comments(0)
二重否定(俗語体)
二重否定は日本語では肯定を表すが、英語では否定を表す

松野町夫 (翻訳家)

二重否定は否定したものをもう一度否定すること。日本語の場合、否定の否定は肯定なので、「興味がないではない」は「(いくらか)興味がある」という婉曲な肯定を表す。

二重否定は英語で double negative という。 しかし、日本語の二重否定と英語のダブル・ネガティブは根本的に異なる。日本語の二重否定は肯定を表し標準語体だが、英語のダブル・ネガティブは否定を表し俗語体ということ(以下参照)。

二重否定
否定したものをもう一度否定して、肯定を表すこと。「楽しくなくはない」など。double negative
【日本語大辞典】

double negative
二重否定: 俗語体で1つの節の中に2つの否定語を用いて1つの否定の意味を表す構文;
例 I didn't hear nothing. (= I didn't hear anything.)
► 英語の初期の時代には標準的な強調形と認められていたが、今日では教育のない人の非標準的な語法とされている。【ランダムハウス英語辞典】

double negative: noun
(grammar) a negative statement containing two negative words. ‘I didn’t say nothing’ is a double negative because it contains two negative words, ‘n’t’ and ‘nothing’. This use is not considered correct in standard English. 【OALD7英英辞典】
筆者訳► 二重否定: 名詞
(文法) 否定語が(ひとつで充分なのに)ふたつある否定文のこと。 “I didn’t say nothing.” は二重否定である。なぜならこの否定文には n’t と nothing という2つの否定語が使われているから。こうした用法は非標準的な表現とされる。【OALD7英英辞典】

古期英語(OE)や中期英語(ME)の否定文では、否定形をとりうる単語はすべて否定形にして、二重、三重に否定を繰り返すことが普通であった(否定呼応)。英語はもともと、否定呼応を用いる言語だった。

しかし否定を表すのに、複数の否定語を呼応させる方式よりも、否定語一つで否定を表す方式が単純で効率がよい。こうして現代英語は否定呼応を廃止し、二重否定や三重否定など いわゆる多重否定(multiple negatives)を非標準的な表現として退けた。ところが二重否定や三重否定は現代でも、口語英語で普通に使われている。

夕食はいらない。
I want no dinner. → 標準的な表現
I don’t want no dinner. → 二重否定(非標準的な表現)

私は何も知らない。
I know nothing. / I don’t know anything. → 標準的な表現
I don’t know nothing. → 二重否定(非標準的な表現)

彼は決して危険なことはやらない。
He never takes risks. → 標準的な表現
He don’t never take risks. → 二重否定(非標準的な表現)

私は誰にも危害を加えたことなんかなかった。
I never did any harm to anybody. → 標準的な表現
I never did no harm to nobody. → 三重否定(非標準的な表現)

誰にも何も言ったことはない。
I never said anything to anybody. → 標準的な表現
I never said nothing to nobody. → 三重否定(非標準的な表現)

俗語体の二重否定について、ケンブリッジ英文法 CGE (Cambridge Grammar of English) の解説・例文を以下に引用する。ただし筆者訳や矢印文言の補充、打消線の削除など、多少編集した。

Double negatives and usage 
二重否定と用法


Words such as never, nobody, no one, nothing, nowhere have a negative meaning and do not require a negative verb form:
筆者訳: never, nobody, no one, nothing, nowhere のような単語には否定の意味があるので動詞の否定形は必要ない:

私が公園についたとき、そこには誰もいなかった。
When I got there, there was nobody in the park. → 標準的な表現
(When I got there, there wasn’t nobody in the park.) → 二重否定(非標準的な表現)

どこにも誰も見ていない。
I saw nobody anywhere. → 標準的な表現
I didn’t see nobody nowhere. → 三重否定(非標準的な表現)

Double and multiple negatives are used, especially in spoken English, in order to create emphasis. Traditional grammar books prohibit them, and the use of double negatives with words such as never, nobody, nothing and nowhere is a very sensitive issue. Learners of English are advised not to use them.
二重否定や多重否定は、否定を強調するために、とくに口語英語に使用される。伝統的な文法書ではこれらを禁止している。 never, nobody, nothing, nowhere のような単語に、二重否定を用いることは非常にデリケートな問題を提起する。英語学習者は二重否定を使用しないのが望ましい。
# by LanguageSquare | 2018-08-23 10:31 | 否定 | Comments(0)